【桑折町】スーパーいちい出店予定!福島蚕糸跡地利活用住民説明会の内容

蚕糸跡地利活用

昨年の3月福島蚕糸跡地利活用の提案を民間業者から募集し、スーパーマーケット事業を展開する「株式会社いちい」と福島市内でこども園を運営する「社会福祉法人松葉福祉会」の共同提案が最優秀案として選ばれました。その後、蚕糸跡地利活用の概要説明会が2022年4月開催されたということでどのような内容だったのか、桑折町が公開している資料をもとにいちいに関する要点を簡潔に解説していきたいと思います。

蚕糸跡地利用計画の概要の目次

目次

  1. 蚕糸跡地略歴
  2. 桑折町の現状
  3. 蚕糸跡地利活用方針
  4. 方針決定後の経緯
  5. 蚕糸跡地利活用について

以上の5項目に別かれていますが1〜3は特についての説明は割愛させていただき、4の方針決定後の経緯から見ていきたいと思います。

方針決定後の経緯その1(時系列)

R3.3.26/ 公告
R3.5.12/ 3事業体より応募あり

R3.5.26 /プロポーザル審査会

R3.5.31/ 政策会議において最優秀者決定 (株)いちい・(社福)松葉福祉会を最優秀者として決定

R3.6.3 /蚕糸跡地利活用有識者会議で提案内容は妥当であると判断

R3.6.8 /基本協定締結する

 

方針決定後の経緯その2

町と(株)いちい・(社福)松葉福祉会との協議

R4.3.31 町有財産事業用定期借地権設定契約

◇契約相手方: (株)いちい

◇面 積:22,644.30m²
◇期 間:令和4年4月1日~令和24年3月31日
◇賃 料:約908万円/年(33.42円/m²・月) 約320万円/年(うち国返還) 約588万円/年(町収入)

上記の内容から施設全体の面積は約6,850坪と広大な敷地になります。
賃貸期間は20年間で賃料が年間908万円になるようです。

今後、造成工事が始まります。

蚕糸跡地複合施設完成イメージ

当初の福島蚕糸跡地複合施設完成イメージ

施設概要

敷地内見取り図

蚕糸跡地利活用図面

今回の蚕糸跡地利活用の概要で発表された見取り図

 

福島蚕糸跡地活用計画

2021年6月に発表された当初の施設見取り図

<スパーマケット事業>

  • 直売所
  • パブリックスペース
  • 移動販売

<アウトドア事業>

  • グランピング、オートキャンプ
  • 子供自然体験

<認定こども園事業>

福島蚕糸跡地

2021年7月時点の建設予定地

今後のスケジュール(予定)

<全体>

  • 開発申請:2022年4月
  • 造成工事:2022年4月〜10月

<スーパー、アウトドア事業>

  • 建築確認申請:2022年11月〜12月
  • 建築工事:2022年12月〜2023年7月(2023年秋オープン予定)

<認定こども園>

  • 建築確認申請:2022年6月〜10月
  • 設置許可手続き:2023年度中
  • 建築工事:2022年12月〜2024年2月(2024年4月開園予定)

スーパーいちいといちいが手がけるアウトドア施設のオープン予定は来年秋頃になるようです。

まとめ

以上、スーパーいちいに関する要点を簡単に紹介してきましたが、桑折町蚕糸跡地活用の概要を詳しく知りたい方は下記のリンクから熟読してみてください。

蚕糸跡地利活用の概要(桑折町のHP)

来年秋にオープンが予定される「株式会社いちい」が手がけるアウトドアとスーパーを融合させた新業態の商業施設。

アウトドア好きの僕にとってめちゃくちゃ楽しみです。オープンしたら必ず利用したいと思ってます。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ドン・キホーテ郡山駅東店が店舗面積を拡張してリニューアルオープン!

クスリのアオキ福島玉川店が2022年6月8日にオープン!

ページ上部へ戻る