2018年福島県スーパーマーケット各社の動向を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2018年も残すところあと2日となりました。年末にあたり2018年の福島県内スーパーマーケット各社の動向を地区ごとに振り返ってみたいと思います。

2018年、浜通り地区スパーマケット各社の動向

2018年の浜通り地区、一番のニュースは計画から6年の時を経て県内最大級の商業施設「イオンモールいわき小名浜」が6月にオープンしたことです。イオンモールいわき小名浜のオープンにより県内からは勿論、隣県から訪れる人も増え、小名浜地区は確実に活性化されました。

小名浜の中心市街地にあった老舗ショッピングセンターの「タウンモール・リスポ」は地域住民に惜しまれながらも1月に閉店してしまいましたが、その跡地に「ヨークベニマルリスポ店」が7月にオープンしました。またリスポ店近くの老舗店舗である「ヨークベニマル小名浜店」は老朽化にために現在閉店していますが新しい店舗に建て替える予定となっているようです。

また、福島県の浜通りといえば原発事故による被災地区でもあります。現在帰還困難区域は縮小され、すでに帰還した住民のために生活インフラの整備を進める中、食料品の調達場所であるスーパーマーケットの営業再開は大きな役割を担います。

そのような状況の中、南相馬市小高区の公設民営商業施設「小高ストア」が12月6日にオープンし、楢葉町の商業施設ここなら笑店街「笑みふるタウンならは」内には「ブイチェーン ネモト」が5月にオープン。ヨークベニマルは2017年3月、双葉郡富岡町に「ヨークベニマル新富岡店」として旧名「富岡店」から店名を変更して営業を再開するものの、現在でも原発被災地内のヨークベニマル「原町店、浪江店、大熊店」の3店舗は休業中です。

また浜通りで25店舗展開しているいわき地区スーパーマーケットの雄「スーパーマルト」は福島県ではなく茨城県の水戸地区を重点に出店を強化していく模様です。

関連記事→ヨークベニマル「小名浜リスポ店 」2018年7月27日(金)オープン!!

2018年、会津地区スパーマケット各社の動向

会津地区にドミナント出店を強化している「リオンドール 」。2018年は8月に「リオンドール 田島バイパス店」、9月に「リオンドール 千石店」と新店舗を2店オープンさせました。そのほかにもリオンドール は県北地区や県南地区でも店舗数を増やし、2018年で一番目立った動向をしています。また「コープBESTAばんげ店」がスクラップアンドビルドにより1月に閉店し8月に新店舗に生まれ変わってオープンしました。

関連記事→リオンドール千石店が2018年9月13日にオープンしたので行ってきた!

関連記事→リオンドール田島バイパス店が2018年8月1日にオープンしたので行ってきた!

関連記事→【コープBESTAばんげ店】2018年8月3日(金)新店舗オープン!!

2018年、県南地区スパーマケット各社の動向

県南地区は4店舗店展開をしていた「ライフポートわしお」が株式買収により「リオンドール 」の完全子会社となり、ライフポートわしお「結城店、矢吹店、生活応援館」の3店舗がリオンドール に改修されました。また当初はリオンドール に改修される予定だった「ライフポートわしお東店」は、エコスグループの「たいらや」に変わり6月「TAIRAYA白河東店」としてオープンしました。

関連記事→リオンドールがライフポートわしおを完全子会社化

関連記事→ライフポートわしお矢吹店が2月23日(金)リオンドール矢吹東店にリニューアルオープン!

2018年、県北地区スパーマケット各社の動向

11月に旧「スーパーキクタ南中央店」跡の物件を改装して「リオンドール 南福島店」がオープンしました。また「コープふくしま」が「みやぎ生協」と合併し店舗が老朽化していた「コープマート瀬上」「コープマート桑折」の2店舗が建て替えのために9月から休業しており、2019年に新店舗がオープンする予定となっています。

関連記事→リオンドール 南中央店が11月21日(水)あさ9時グランドオープン!!

関連記事→「コープマート瀬上」「コープマート桑折」が建て替えの為、休業中

2018年、県中地区スパーマケット各社の動向

2018年、東北第2位の経済都市でもある郡山市を中心とした県中地区にも大きな動きがありました。今までは大型店舗を中心に店舗展開していた「ザビッグ」が売り場面積1000㎡未満の小型店舗「ザビッグエクスプレス富田店」が11月にオープンしました。2019年にも郡山市内にこの「ザビッグエクスプレス」が数店舗出店することが噂されいて、「ザビッグエクスプレス」の動向が注目されます。また、スーパーマーケット業界が頭打ちの中、9月には「スーパー鎌倉屋」と「いちい」の業務、資本提携が決まりました。今後の福島県内スーパーマーケット業界再編の流れにも注目していきたいと思います。

関連記事→ザ・ビックエクスプレス富田店、2018年冬のオープンに向けて建設中!!

関連記事→鎌倉屋がいちいと資本提携で子会社化へ

2018年、福島県内スパーマケット各社のまとめ

2018年も色々と業界の動きがありましたが、その中でも特にリオンドール の店舗が6店舗増と際立ち、いまのリオンドール の勢いを感じさせられました。ヨークベニマルは2018年、福島県内に新店舗をオープンさせたのは1店舗でしたが郡山市内の店舗を中心に大規模な店内改修工事が行われました。また仙台市内に11月「ヨークベニマル」が「ヨークマルシェ」に店名を変更しての新業態小型店舗のオープンにも驚かされました。今後福島県内にも「ヨークマルシェ」業態の店舗ができるのか、こちらも注目していきたいと思います。

関連記事→ヨークベニマルが宮城県仙台市に新業態店舗「ヨークマルシェ」を初出店

関連記事→ヨークベニマル荒井店が10月28日(日)リフレッシュオープンしたので行ってきた

2018年、年末のご挨拶

2018年、年末にあたり「ふくスマなう!」サイトをご訪問いただいた皆様に厚く御礼を申し上げます。2019年も皆様に有益な情報をお届けできるよう精進してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。また、皆様からのご意見、ご感想、各種口コミ情報をお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください。最後に来たる2019年が皆様にとって素晴らしい一年となるようお祈り申し上げます。

それでは良いお年をお迎えください。

ふくスマなう!運営チーム 橋本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リオンドール千石店が2018年9月13日にオープンしたので行ってきた!

福島県スパーマケット各社、年末年始営業時間の案内

最近のコメント

    ページ上部へ戻る