イオンモール北福島(仮称)/2024年12月開業へ向けて県に新設届出を提出!

イオンモール北福島イメージ図

イオンモール株式会社が伊達市堂ノ内地区に出店を決定していた「(仮称)イオンモール北福島」の新設届が、県商業まちづくり推進条例に基づき、7月30日に県に提出されまた。新設届け出書の概要は下記の通りです。

 

(仮称)イオンモール北福島/新設届出の概要

1 特定小売商業施設を設置する者
イオンモール株式会社 代表取締役社長 岩村 康次

2特定小売商業施設の名称
(仮称)イオンモール北福島

3 特定小売商業施設の新設に係る土地の所在地及びその敷地面積
(1) 所在地 福島県伊達市堂ノ内地区1街区232画地他289筆 (伊達市堂ノ内土地区画整理事業地内)
(2) 敷地面積 170,699m²

4 特定小売商業施設の新設の予定地の開発行為の着手予定日
令和4年5月1日

5 特定小売商業施設の新築、小売商業施設の増築若しくは改築又は 小売商業施設への用途の変更の着手予定日
(新築)令和4年9月1日

6 特定小売商業施設の新設の予定日
令和6年12月1日

7 特定小売商業施設の店舗面積の合計及び延べ面積
(1) 店舗面積 60,000m² (2) 延べ面積 110,000m²

8 集客予定数及び集客予定区域
(1) 集客予定数 1日当たり約57,000人 (2) 集客予定区域 新設予定地周辺20km圏

9 届出年月日
令和3年7月30日

イオンモール北福島新設届出概要

(仮称)イオンモール北福島の建設、開業までの流れ

上記の内容から来年(令和4年)5月1日から建設予定地の造成工事が始まり、令和4年9月1日から建物の新築工事に着手、令和6年(2024年)12月1日に開業予定のようです。

(仮称)イオンモール北福島の施設概要

店舗等の施設は3階建て1棟、平屋6棟の計7棟が建設され、敷地面積は17万699平方メートルで延べ床面積が11万平方メートル、テナントが入る店舗面積は6万平方メートルとなる予定。

↓イオンモールいわき小名浜と比較してみました。

イオンモール北福島(仮称) イオンモールいわき小名浜
敷地面積 170,699㎡ 44,000㎡
店舗面積 60,000㎡ 50,000㎡
延べ床面積 110,000㎡ 93,000㎡
イオンモール北福島イメージ図

イオンモール北福島(仮称)完成イメージ図

イオンモールいわき小名浜イメージ図

イオンモールいわき小名浜・完成イメージ図

 

(仮称)イオンモール北福島の関連動画

 

最後に・・・

1995年の出店計画が発表されてから約25年、迂用曲折を経て遂に建設工事が始まります。イオンモール建設に期待を寄せていた方々にとっては、とても感慨深いものがあると思われます。オープンまで後約3年・・・新たな時代の始まりです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「いちい」が桑折町の福島蚕糸跡地に出店へ!

「マルトSC関船(仮称)」が2021年秋に出店を計画!

ページ上部へ戻る