MEGAドン・キホーテUNY会津若松店がオープンしたので行ってきた!

メガドンキホーテUNY会津若松店

2020年11月24日(火)午前10時「MEGAドン・キホーテUNY会津若松店」がリニューアルオープンしたので早速行ってきました。

東海地方を中心に大型総合ショッピングセンター「アピタ」「ピアゴ」を展開する総合スーパー「UNY(ユニー)」

東北地方では唯一、福島県会津若松市に出店しています。

今業界で最も注目を集めている「ドン・キホーテ」と「UNY」のダブルネーム新業態店舗は果たしてどのようなもなのかレポートしていきたいと思います。

<UNY(ユニー)とは?>

福島県の人には馴染みの薄い総合スーパー「UNY(ユニー)」は愛知県稲沢市に本社を構え、大手ディスカウントストアのドン・キホーテを中核とするパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスの完全子会社で、総合スーパー (GMS) 店舗運営を担当する大手流通企業です。
店舗数は東海地方、中部地方を中心に2019年(平成31年)3月31日現在182店舗で、売り上げはイオン、イトーヨーカ堂に次ぐ国内3位となっています。
2006年(平成18年)3月24日、福島県会津若松市に「アピタ会津若松店」を開店して東北地方に初進出を果たし現在に至ります。

UNY(ユニー)

<MEGAドン・キホーテUNYの新業態店舗は?>

「アピタ会津若松」が業態転換した「MEGAドン・キホーテUNY 会津若松店」は2フロアで売り場を展開し、1階に生鮮食品・菓子類・酒類・家電などの日用品、2階に衣類・スポーツ用品・化粧品・玩具などのライフスタイル雑貨の売り場となってます。

MEGAドン・キホーテUNY会津若松店店内見取り図

<最も注目されるスーパーマーケットエリア>

1階の生鮮食品や一般食品を取り扱うスーパーマーケットエリアでは、ドンキとユニーがどのように融合しているのか注目が集まります。

エリア内は全体的にドンキが得意とする手書きポップを多用した派手な売場演出が目を引きました。

ドンキと言えば通路が狭く迷路のようでごちゃごちゃした売り場をイメージしますが、全体的にカートやベビーカーでも買い物がし易い通路の広さが確保されており、どこに何があるのか分かりやすい整然とした食品売場のレイアウトになっていました。

またドンキ最大の特徴でもある天井まで積み上げる「圧縮陳列」「山積み陳列」は一般食品、菓子類、日用品雑貨類で見られ大量の充実した品揃えでドンキらしさが見られました。

生鮮売り場でも手書きポップを多用し、オープン特価の「驚安感」が感じられ、鮮魚コーナーでは多種の丸魚も大量に並べられていて鮮度の良さを感じられます。もちろん要望に応じてさ捌いてもらえるよです。

惣菜コーナーもオープンキッチンとなっていて店内で調理された出来立てで美味しそうな値頃感のある商品が大量に並べられていました。

<まとめ>

現在2022年中を目途 に 、大型ショッピングセンター「 ア ピ タ 」、「ピアゴ」100店舗中、約80店舗をドン・キホーテとユニーのダブルネーム店舗への業態転換を進めています。

今までの業態転換後の店舗は売上げ、客数共に伸びていることからダブルネームへの業態転換は成功していると言えますが、ここ会津若松市での業績はどうなるのか注目されます。

今回はオープン初日ということもあり、全体的にとても魅力のある価格設定になっていてお得感があり、店内も他社の店舗にはない独特の雰囲気を醸し出した新感覚スーパーマーケットであると感じました。

またショッピングセンターであることから他の専門店街や飲食店も充実していて会津地区で一番熱い新スポットとなることは間違いないと思われます。

みなさんも会津に行く機会があれば、または「MEGAドン・キホーテUNY会津若松店」を目的に行ってみてはいかかでしょうか。

最後に今、全国で品薄状態になっている「ネスレ・ミロ」

県内の大手スーパーマーケットでも欠品が続いていますが「MEGAドン・キホーテUNY会津若松店」にはありました。

しかも驚安価格で。

驚安価格のネスレミロ

MEGAドン・キホーテUNY会津若松店専門店街サイトへリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【2020年〜2021年】福島県スーパーマーケット新規出店情報を見やすくまとめてみた

「リオン・ドール野田店」オープン日が12月4日に決定!

ページ上部へ戻る