ヨークベニマル南福島店がリニュアルオープンしたので行ってきた!

ヨークベニマル南福島店リニューアルオープン

東京オリンピックの開会式に先駆けて最初の競技となるソフトボールが21日から福島市の県営あづま球場で始まりました。日本は初戦でオーストラリアと対戦し8−1で5回コールド勝ち。日本にとっても幸先の良いスタートが切ることができました。そんなオリンピックのお祭りムードで盛り上がっている福島市で同日、「ヨークベニマル南福島店」も華々しくリニューアルオープン日を迎えました。約半年をかけて行った大規模改装工事ということもあり、我々は東京オリンピックと同様に、期待を膨らませて「南福島店」のオープン日をずーっと待ち焦がれていました。

ということで僕はオープン2日目の7月22日にマイバック2個を両手に携えて行ってきましたが、4連休の初日ということもあり大変な賑わいぶりでした。

ヨークベニマル南福島店の商圏概要

ヨークベニマル南福島店が営業する福島市黒岩地区は国道4号と国道13号バイパスに抜ける大通りが交差する場所に位置し1日中交通量が多く「黒岩交差点」は常に渋滞が発生する名所になっています。また幹線道路沿いには各種商業施設や大手飲食店が多く営業しており非常に賑わいのあるエリアになっています。競合するスーパーマーケットは「いちい南福島店」が東に500m地点で、「ヨークベニマル太平寺店」が西に1.5km地点で営業しています。

 

ヨークベニマル南福島店の店舗と商品の特徴

  • ヨークベニマル南福島店は、旧店舗の基礎や柱などをリユース(再利用)して、解体時に出る廃棄物を削減。極力、環境に負荷をかけない建築工法で、最新の売り場を作りました。
  • ヨークベニマルは、持続可能な開発目標(SDZs)達成に向けて様々な取り組みを行っています。

最近よく聞く『SDZs(エスディージーズ』 今やSDZsを語らずに企業の成長はありえないと言っても過言ではない時代になりました。

安心・安全・健康商品の充実と、売場での表示 オーガニック、減塩、糖質オフ、介護食、サプリメント等、安心・安全・健康に関連する商品の充実と、 売場の対象商品をそれぞれ「栄養補給」「健康維持」「美容・美肌」の媒体にて表示しております。

店舗概要

<ヨークベニマル南福島店>
所在地/福島県福島市黒岩字田部屋40番地
営業時間/9:30~22:00
店長/鈴木 清二 (すずき せいじ)
取扱品目/ヨークベニマル 食料品、酒、住居関連品、衣料品
テナント/惣菜、寿司、ベーカリー、クリーニング、宝くじ売場、ATM2台(ゆうちょ銀行・セブン銀行)

ヨークベニマル南福島店は衣料品も取り扱っています

最後に「本日のランチ」コーナー!

今回から始まります「本日のランチ」コーナー(パチパチパチ・・拍手)僕が実際に訪れたスーパーマーケットの惣菜コーナーで買ってきた商品を紹介していきたいと思います。記念すべき初回はもちろん「ヨークベニマル南福島店」

ヨークベニマルの惣菜といえば100%子会社である(株)ライフフーズがテナントとして入居し運営していますが、そのライフフーズとヨークベニマルが2022年3月1日に合併することが今年3月に発表されました。そんな新しく生まれ変わろうとしているヨークベニマル惣菜部門では「with mom」というブランド名でブランディング展開をしています。

そして今回僕がランチとして選んだのが「うな重」です

ヨークベニマルうな重

税込1058円と高かったですが連日の猛暑でバテ気味だったのでスタミナをつけようと思い買いました

うなぎの照りと艶、美味しそうですね

肉厚でふっくらと柔らかいうなぎです。中国産のうなぎですが侮れません

小さいサイズもあったので話のネタと夜食用に買ってみました

ひつまぶしのような細切れうなぎが4枚ありました。腹ペコだった僕は夜食用でしたが食べちゃいました(笑)

弁当2個をあっという間に完食!ごちそうさまでした!

今回は弁当2個、合計1487円と豪華なランチとなりました(笑)ちなみに飲み物は無料サービスのお茶をいただきました(笑)

ということで連日暑い日が続きますが頑張って乗り切りましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヨークベニマル南福島店が7月21日(水)リニューアルオープン予定!

ページ上部へ戻る