多田克彦 食べるヨーグルト(加糖タイプ・450g)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、こんにちは。

今回の商品レビューは「多田克彦食べるヨーグルト」です。

このヨーグルトはこだわり商品を数多く取り揃えている「産直市場AMEKAZE」で購入しました。

購入動機はラベルに「多田克彦」と個人名が記されているのと、1個税抜420円というかなり高めの価格に興味をそそられ、すごく悩みましたが絶好のブログネタになると思い清水の舞台から飛び降りる気持ちで(笑)買ってきました。




多田克彦?

(有)多田自然農場代表取締役社長。

周囲からは「反骨の酪農家」とも言われている異色の酪農家であり、岩手県遠野市に酪農を中心とした自然農園を経営。日本で初めて自らの名前を商品名に記しブランド化する。

多田克彦食べるヨーグルトとは?

大人気商品!「食べるヨーグルト」です。
一般的な食べるタイプのヨーグルトと違い、固形質ではなくドロっととろみのついたヨーグルトです。乳酸菌のエサとして三温糖が入っており、甘みのついたタイプなのですが、その甘みに深さがあります。また、はりつくような独特の舌触りが特徴。この独特の食感は癖になってしまうようで、リピーターとしてご購入される方がとても多いです。
この食感の秘密は、3種の乳酸菌と3日間に及ぶ発酵にあります。
ヨーグルトやチーズといった「発酵乳製品」の「おいしさ」の要諦は、牛乳が良質であることと、自然界に無数に存在する乳酸菌とどのように組み合わせるかにあります。この製品は、そこを突き詰めて追及したことで独特の食感が生まれています。また、製造者というものは、悲しい習性として、短い時間で多くの製品を作って、少しでも生産量を増やそう、などと考えたくなってしまうものですが、この製品は、そこをこらえてじっくり3日間、丹念に発酵に時間を割いています。なぜなら、急くことなくじっくり原料と向き合うことなくして、味わいに深みは生まれないからです。
こだわりにこだわりぬいたヨーグルト。
生産量に限りのある商品のため、どうしても在庫が安定せず、お待たせしてしまうこともございますが、ぜひ、朝食やおやつ、デザートにと楽しんでいただければと思います。
*多田克彦ネットショップ商品説明から引用
種類別:はっ酵乳
無脂乳固形分:9.0%
乳脂肪分:3.5%
原材料名:生乳、三温糖、乳製品
内容量:450g
 
栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー 102kcal
炭水化物 13.4g
タンパク質 3.8g
ナトリウム 47mg
脂質 3.7g
カルシウム 132mg

実食!食べてみての感想

商品説明通りクリーミィーでなめらかな舌触りに三温糖で加糖された甘さがちょうどよくヨーグルト全体をより深みのある味わいに演出。また、ヨーグルト独特の酸味もなく小さいお子様も喜んで食べると思います。加糖してあり若干カロリーは高めなのでダイエット中の方は食べ過ぎ厳禁です。

まとめ

時間と手間隙をかけて作られたこだわりヨーグルト。

今までのヨーグルトの概念を覆すと言っても過言ではないぐらいの美味しさです。

また、多田農園ブランドの商品はヨーグルト以外にも色々な農産加工品を販売しているので購入してみたいと思います。

みなさんも是非一度ご賞味ください。

🔗多田自然農場ネットショプサイト

🔗多田自然農場Facebookサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

9月8日放送げっきんチェック✔︎スーパー新発見お安くしちゃいます!

「ヨークベニマル城西町店」開店のお知らせ

最近のコメント

    ページ上部へ戻る