カルビーポテトチップスいかにんじん味食べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、こんにちは。

「いかにんじん」は福島県民なら誰でも食べたことがある福島県の郷土料理です。

その「いかにんじん味」のポテトチップスが昨年発売され大好評で反響が大きかったことから、各都道府県それぞれの「地元ならではの味」を開発するカルビー「❤JPN(ラブジャパン)」プロジェクトをスタート。福島県の味として「いかにんじん味」を再販売すことになりました。

ポテトッチプスいかにんじん味開発経緯と評判

実はカルビー株式会社代表取締役社長兼COOである伊藤秀二氏は福島県福島市(旧飯野町)出身です。

社長が幼少期によく食べていた「いかにんじん」の味わいをポテトチップスで再現したいとのアイディアから社長直々に考案し開発され生まれた商品です。

福島市役所職員を対象に2回の試食を実施し、十数回の試作を経て商品化。

2016年に期間限定で発売され福島県内で予定していた1ヶ月間の販売数量(約10万袋)をわずか1週間で売り切るほど好調な売れ行きを見せ、2017年福島県の味として再販売になりました。




原材料

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、ぶどう糖、食塩、いかパウダー(大豆を含む)、デキストリン、粉末しょうゆ、コーンスターチ、たんぱく加水分解物、にんじんパウダー、小麦たんぱく発酵調味料、こんぶパウダー、かつおぶしエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、パプリカ色素

栄養成分表示 (1袋55g当たり)

エネルギー 304kcal / たんぱく質 3.2g / 脂質 19.1g / 炭水化物 29.9g / 食塩相当量 0.7g

実食!

「うまいっ!」

いかパウダー、にんじんパウダー、こんぶパウダー、かつおぶしエキスパウダーなどの各種パウダーを使用し和風醤油の奥深い味に仕上がっています。ちょっと濃いめの味付けはビールなどのおつまみとしても合いますね。

かっぱえびせんではありませんがやめられない止まらないwww

1袋55g304kcalをあっという間に食べてしまいましたwww

まとめ

今回の商品はスーパーマーケットいちいで税抜き88円で販売されていました。

スーパー入り口に山積み陳列されていてポップにはいちいの社長とカルビーの伊藤社長が握手している写真が掲載され、いちいの「今年も売ります!」と力強い言葉が表記。

また、カルビー株式会社は、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」企画を発足し、2017年度に3回に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

機会があれば他県のご当地ポテチ(山形芋煮味など)食べてみたいですね。

みなさんも「いかにんじん味」ぜひ一度ご賞味ください。

みなさんの食べた感想を教えてください。

コメントお待ちしています(^_^)v

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヨークタウン金屋工事進捗状況10月17日現在

ヨークベニマル9月の月次営業情報、既存店売上0.1%増

最近のコメント

    ページ上部へ戻る