ボジョレーヌーヴォー2017飲んでみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさん、こんにちは。

先月11月16日はボジョレーヌーボーの解禁日でしたが、みなさんは飲みましたか?

この時期になるとワインを普段あまり飲まない人でも各種メディアの宣伝で妙に気になり購入してしまう人も多いと思います。ちなみに僕もその一人です。

関連記事→ボージョレ・ヌーヴォー予約承り中!!

2017年ボジョレーヌーボーの評判、評価

前評判では今年のフランスボジョレー地区は悪天候により収穫量が減少しましたが、夏場の高温で品質の良いブドウが収穫され、良質のワインができた模様です。

今世紀最高と称された2015年産に並ぶ出来。(ボジョレーワイン委員会)

今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる。しかも、一層溌剌としていて、優美さという点でもレベルが高い(ワイン通販のエノテカ)

フレッシュな香りと上品なタンニンがある、まろやかな味が期待できる。(メルシャン)

上記がメーカーによる2017年ボジョレーヌーボーの評価みたいです。

またボジョレーヌーボーを語る上で欠かせないのは毎年発表されるキャッチコピーです。

2017年今年のキャッチコピーは

「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」

高評価なのは解りますが、ちょっと意味がわからないですよね。

ということで、何はともあれ自分の舌で味を確認してみることにしました。




僕が購入したボジョレーヌーボー

一口にボジョレーヌーボーといっても種類が多く値段も高級価格からリーズナブルな価格まであり、ワイン初心者の僕としてはどれを選べばいいのか悩みます。

そこでカタログのトップページにも載っていたヨークベニマル一押しのスタンダードなボジョレーヌーボーを予約しました。

日本最大級のワイン専門店「カーヴドリラックス」代表内藤邦夫氏セレクション、銘醸クリュ・ボジョレー生産者が造る「カーヴドリラックス」オリジナル上級ヌーヴォー。

カーヴドリラックス、ボジョレーヌーボー2017

一本750ml本 体価格1,880円税込2030円

実食じゃなくて実飲?

「芳醇な香りで程よい酸味が調和したエレガントで味わい深いワイン」かな?

正直な感想は赤ワインの味。美味いか不味いかといえば普通。普段からワインをあまり飲まないのでボジョレーヌーボーの良さがいまいち解りませんでした。

ということで実際に飲んでもいまいち味が解らない僕でしたが、来年のボジョレーヌーボーも購入したいと思います。ちなみに2018年の解禁日は11月15日です。

最後に僕なりの2017年ボジョレーヌーボーのキャッチコピーを考えました。

インスタ映えする世界35億本の中の1本、最高の出来とメーカーの意向を忖度する」ち〜が〜う〜だ〜ろ〜〜

こちらも意味不明ですが2017年の流行語を取り入れてみました。

みなさんもぜひ自分の舌で味わってみて感想を教えてください。

白ワインは山形県産ナイアガラを使用した葡萄本来の旨味が味わえる国産甘口白ワインです。

朝日町ワインPrimaryナイアガラ 1本720ml 本体1,480円税込1598円

世界の有名なチーズ6種類のチーズオードブルです。こちらは最高の味わい?でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

業務スーパー八山田店へ行ってきた

スモークチキンスライス食べてみた!

最近のコメント

    ページ上部へ戻る